「軍隊式性欲管理」無料のエロネタバレ。お仕事で男性の性を受け止め子宮がうずく美しい上官との愛・・・

軍隊式性欲管理,ネタバレ,無料,漫画,エロ,ヨールキ・パールキ

 

 

「軍隊式性欲管理」無料のエロネタバレ。お仕事で男性の性を受け止め子宮がうずく美しい上官との愛・・・

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

 

軍隊式性欲管理 ネタバレ感想

 

軍隊式性欲管理のマンガ最新話と最終回迄、最新刊ネタバレと感想、ストーリー、エロ画像、エンディング、コミックを無料で読めるやり方を記載。

 

 

 

射精管理部に務める大尉のダリア・ミラー。

 

ミッション中の団員達の性欲を一手に受け入れることによって、性の異常からの問題を事前にストップする射精管理部に加入する彼女は、すごくクールそうにも思える瞳や髪の色と豊満な身体で、人知れず全ての人彼女が任地にきてもらうことを希望していたのです。

 

こちらは、彼女の射精管理ミッションを記録する補佐官視線で紡がれる。

 

 

 

軍隊式性欲管理の次の任期は1ヵ月であった。

 

 

 

補佐官の彼がダリアと一緒にミッションに就くことは、三回目であった。

 

 

 

射精管理部のお仕事は、任地に到着したこの日からさっそくスタートする。

 

 

 

 

 

1人目は、上等兵が相手であった。

 

 

 

任地に派遣される射精管理部の女の人はもちろんダリアだけに限らず、ミッション上、性欲をくすぐるスタイルをしている女の人ばっかりですが、そうであってもダリアの人気は大きい。

 

 

 

上等兵は部屋に立ち入るなり、一気にダリアに背後から抱き付き、エロ下着をつけた彼女のマンコと豊満な胸に手を引き伸ばした。

 

 

 

 

 

 

射精管理業務はいくつか原則が存在する。

 

 

 

団員はシフトが構成され、自身の射精日を教えられる。

 

女性陣は団員の私的趣味を前もって認識し、行為中はレディースコンドームを装着し、事後ピルの必要性がある。

 

補佐官は警備と記録を兼ねて、同様の部屋で見守らなければならない。

 

 

 

加えて、どれ程盛り上がろうと膣においても尻においても挿入は承認されていませんでした。

 

 

 

 

 

上等兵はパンツがはち切れそうな程隆起させてしまった物を擦りつけ、ダリアからベッドに誘われた。

 

 

 

上等兵はあかちゃんの様に胸に吸いつき、ダリアは晒した下半身をやさしく、ジワジワと過激に手コキをやっていく。

 

 

 

あかちゃんプレイとはいわないまでも、上等兵は攻められることがお好みなようだった。

 

 

 

ダリアは一回目を射精したがかちかちに固くしたままの彼に跨り、指先でカリに刺激をもたらしつつ、自身の膣に挿入させてあげているかのようにコンドームの中に誘導した。

 

 

 

穴があいて下着の役割を果たして無いエロ下着を穿いたダリアは腰を振りまくり、クリがこすれる刺激で淫らにあえいで行く。

 

 

 

 

 

 

そうしてしばらくして、上等兵はダリアにぶちまけるためにためにためた精子を射精してしまった。

 

 

 

ダリアはラストにいまだに上を向いた状態のおちんちんにしゃぶり付き、ちゃんとお掃除フェラをして終わりまで吸い取った。

 

 

 

 

 

 

 

この次の曹長は階級差もとらわれず、酷い言葉づかいでSっ気を見せつけた。

 

 

 

いきり勃つおちんちんを股に挟ませ、背後から乳首をコリコリ触り、アへ顔を見せるダリアを見おろして嗜虐心が満たされて行く。

 

 

 

 

ダリアは背面座位で自身から生える様に見える曹長の身分を忘れた勃起を双方の手で擦り上げて射精につなげる。

 

 

 

 

 

曹長も一回では治まらず、バックでお尻に挟み、ダリアのお尻のぷりぷり感に腰を打ち付け愉しんで行く。

 

 

 

ダリアも突かれつつも自身で乳首をさわり、そうして背中にすっきり出された。

 

 

 

 

 

 

相手の性癖にあわせているのだろうか、ただ単純にダリア自身がどれもこれも楽しんで気持ち良くなることができるだけであるのか補佐官の彼にはわからず、射精管理の対象にならない自分自身の身上のつらさを感じつつ、そのたびにダリアの乱れた格好を目にしたその後は、シャワーを浴びながらの一人Hで理性を維持していたのです。

 

 

 

 

 

 

 

この次のまだまだ若い二等兵は、明るいところでのぞかれることを恥ずかしがり、シーツに包まってやって貰いたいとお願いし、ダリアは彼の下半身のみ包み隠してすぐさまピストンフェラをやってあげる。

 

 

 

 

 

 

 

二等兵はすぐさま口の中において射精すことになるも、その他の団員と一緒で一回で静まる様子などない。

 

 

ダリアもシーツの中において、薄暗いなかでクリと乳首を若いカラダにこすりつけて行く。

 

 

 

 

 

 

二等兵は美しくエロ過ぎる上官のだらしない外見に耐え切れず、舌を求めた。

 

 

 

ありのままシーツの中の擦りつけ騎乗位で、はじめての射精管理を終了した。

 

 

 

 

 

 

 

次の軍曹は、むしろ自分のアナルにオナホを突っ込まれ大股を開放しつつ手コキされているけれどよがる、メスイキお好みなM体質でありました。

 

 

 

しょせん軍曹相手にも、ダリアは足を絡めた素股でクリを押しつけて遂には自分自身も気持ち良くなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

その次は、訪問して来た上層部との数人プレイでありました。

 

 

 

会食に媚薬を詰め込まれたダリアは大丈夫だといったが、とろけるような表情でいよいよ開始すると、4人相手にイニシアチブを取ることはあまりにも無理がありました。

 

 

 

騎乗位素股、両手コキにフェラ、背中にフル勃起を押し当てられつつ乳首をこねくり回されている。

 

 

 

 

 

 

上層部の男性達はよってたかって凝集して行く。

 

 

 

右手と左手は常に手コキをやらせ、誰もが楽しみにしている豊満な胸に挟んで腰を振り、乳首をいじくることも忘れない。

 

 

 

けれども、余裕がある上層部の1人というのはクリクンニでダリアも気持ち良くさせて、潮を吹かせた。

 

 

 

 

 

 

補佐官は朝方迄継続した上層部との乱交を何度ストップしようかと考えたが、伍長の彼が行動に動けるハズも無かった。

 

 

 

 

 

 

 

体液塗れのダリアをシャワー室に運び、きれいにしていますと、いまだに媚薬の影響で股間が疼いていますダリアは、補佐官に指でやって貰いたいとお願いした。

 

 

 

彼が射精管理後に一人Hをしているのを承知していた彼女はこれを脅しのネタにうまく使い、潤んだ目で彼を従わせた。

 

 

 

 

 

 

補佐官は背後からぐちょぐちょの膣中をかき回し、一番弱いとよく分かっているクリもさわり、ダリアは彼女の様に彼の胸に背中を預けた。

 

 

 

 

 

2人はどちらからともなくキス迄したけれど、彼は理性をキープして挿入迄はせずにいた。

 

 

 

そうであっても規約違反でありましたが、2人はこれを秘密にした。

 

 

 

 

 

 

 

そのあとも毎日毎日ダリアの射精管理は継続したが、団員を絶頂に導こうと考えているさなかに、やたら補佐官に目線を送りだす様になりました。

 

 

 

 

 

 

いいかげん、ダリアの挑発に忍耐の限界を越えた彼は、女性の人が就くべき補佐官にどういうわけで男性の自分が決まったのかさらけ出した。

 

 

 

これを耳にしたダリアも彼に対する愛か、あるいはありふれた子宮の疼きであるのか、堪え切れなくなり・・・

 

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

 

軍隊式性欲管理 感想

 

軍隊式性欲管理でありました。

 

この作者のクォリティの高さは当然の事、この度もかなりそそるヒロインでありました。

 

クールそうなイメージだと言うのにメチャクチャよがりあえぐのはただエロく、攻めたり攻められたりしつつ主導権は握り、上層部との5Pは射精管理の真の凄さでありました。

 

最終的に補佐官との愛もあり、読後感もOK!

 

一個人としては、純朴な二等兵との関係がとりわけいやらしく感じて大好きです。

 

⇒無料試し読みはコチラ