軍隊式性欲管理 7話(最終話)ストーリー

軍隊式性欲管理,ネタバレ,無料,漫画,エロ,ヨールキ・パールキ

 

 

ヨールキ・パールキ新作品の無料のお試し読み

 

 

 

ヨールキ・パールキ先生の新作、「軍隊式性欲管理」をネタバレ!

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメよ!

 

 

 

 

 

 

軍隊式性欲管理 7話(最終話)ストーリー

 

この作品のストーリーと感想です。

 

 

 

ネタバレ含みますため嫌いな人はお控えください。

 

 

 

エンディングの話しの為えっちな局面で一杯でした。

 

 

 

もうすでに何にもガマンしないで良くなったダリア大尉がなり振り構わずえっちに狂っている姿に、何気なく1〜2話のストイックなオシゴトシーンが走馬灯のように自分の脳内を通りすぎて行ったのです。

 

 

 

そこのところがあったが故の7話の絶頂エッチに、かなり胸がときめきます。

 

 

 

ダリア大尉の絶叫「しゅきだよぉ」。

 

 

 

セリフがみだれてるテイストがより一層えっちだと思いますし、のぞんでいましたエッチができて意識の中とけてしまうぐらい気持ちがいいのだろうなぁ、と想像できたのです。

 

 

 

補佐官君もこのようなダリアが可愛くてガマン出来ないかもしれない?

 

 

 

ダリア大尉が、補佐官君にいっぱい突いてもらいながら自身のをいじくってるシーンは完全にキュンキュンしちゃう。

 

 

そうして2人共あっさり1回おわってしまうけれど、あたり前のようにそのくらいじゃ満足出来ません。逆にこれからがはじまり。

 

 

 

前に後ろに、たくさんの体位で互いの気持ち良さをむさぼりあってを満喫した後、補佐官君はアナル迄ちゃんと愛撫をしてくれるのです。このテクが絶えられないです。

 

 

 

補佐官君のものをダリア大尉に挿入してるのと一緒にアナルに向けて指の挿入っていうのは、かなり過激なえっちだと思います。

 

 

 

そこだけではなく、しっかりとダリア大尉のクリと胸をイジってこれでもかってぐらい気持ちよくしつつ、感度が高い首筋においても舌でペロリ。

 

 

 

どれくらいたくさんカラダを愛撫してもらえるのでしょう。

 

 

 

補佐官君の極上プレイにダリア大尉はメロメロだと思われます。

 

 

 

私だって補佐官君のプレイにメロメロ。骨抜きにされてるダリア大尉もカワイイなとおもっちゃったわけです。

 

 

 

こちらのシチュエーションがすっごくえっちでこの度のこれ以上ない見所であります。

 

 

 

Hシーンの後で数ページの後日の話がありまして、そこのところが男の人にとっての賢者タイムなのでしょうか。

 

 

 

 

 

私はいまだにビクビクもんもんしておりましたよ。

 

 

 

この作者さんのえっちの執筆の仕方はほんとに極上だなぁといってもいい作品でありました。

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体中にダメよ!