マンガの軍隊式性欲管理 上等兵と手コキ授乳プレイ?

 

BookLiveコミック射精させてもらえることが

 

待ち遠しくて、禁欲しオ●ニーを

 

しないで貯めて来た上等兵?

 

「ねえねえ?溜め込んだ精液

 

だしちゃおうね?出てしまう?」

 

ダリア・ミラーは上等兵のち●ぽを

 

シコシコと手コキしつつ

 

胸を吸われております?

 

「乳首のみでイッてしまいそうです?」

 

このように言いながら、ジュポジュポ?

 

ムッチリに大きくなった玉袋など

 

チ●ポに刺激をもたらしいます?

 

「ふっ?ふっ?」

 

 

 

どぴゅっ?びゅるるー?

 

上等兵というのは凝縮された精液を心置きなく

 

すっきり出したのです?

 

「いまだにガチガチ?挿れていいんだよ?

 

私のおま●こであると思って…?」

 

ダリア・ミラーはおまんこにオナホを

 

あてがい疑似エッチをやる事態に…?

 

ズ…っ?ぬぷぷ?

 

オ●ホに入れる上等兵。

 

これというのは亢奮しますね〜

 

およそセックスと一緒だと考えます?

 

いずれにしてもダリア・ミラーというのは

 

挿入されているわけではないが、喘ぎ声を

 

だしたり見事な演技派だな〜?

 

やる気を盛り下無いようにきちんと

 

勤めているってな感じです?

 

クリが擦れて気持ち良いらしく

 

「あっ?あっ?あっ?」

 

…と気持ちが良く見えるため

 

まったくもって演技ということも

 

ありませんね〜?

 

オ●ホに思う存分射精させたザ●メンを

 

とろりと垂らしつつ飲みつけます!

 

お掃除フ●ラ迄やってあげます?

 

大尉セクシー過ぎますね?

 

お掃除フ●ラしていたならまたしても

 

ビュルル―ッとイッてしまいましたため

 

ダリア・ミラーというのはゴックン?

 

見事なテクであると感じました!

 

けれども、入れないため欲求不満に

 

なってないか補佐官は気になっているのです。

 

いまだに補佐官ということで共に勤務を

 

始めたばかりですから、掘り下げて

 

聞き出していいのかも気にかかる所

 

なんだと思います。

 

ち●ぽを挿入なされない疑似セックス…

 

わたしならば堪えられないです?

 

奥深いところにもらいたくてたまらなくなると思うな〜?

 

ダリア・ミラーというのはこのような視点からも

 

かなり健闘しているなと感じました。

 

加えて…補佐官は性欲管理を

 

おこなう位置づけの人間のため、ダリア・ミラーに

 

ヌイていただくことなどできない存在。

 

補佐官においても、すぐそばでいやらしい姿を

 

見せつけられて、1人でシャワー室で

 

シコシコしてしまう毎日…双方とも辛いなぁ?

 

しかし、この理性がいつ頃崩壊するんだろうかと考えていると

 

少しゾクゾクしちゃうわたしなのでした?

 

このような焦らしプレイみたいなの大好きなん

 

だよね〜♪

 

ヨールキ・パールキ氏の作品です!