軍隊式性欲管理 1話ストーリー

軍隊式性欲管理,ネタバレ,無料,漫画,エロ,ヨールキ・パールキ

 

 

ヨールキ・パールキ新作品の無料のお試し読み

 

 

 

ヨールキ・パールキ先生の新作、「軍隊式性欲管理」をネタバレ!

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメ?

 

 

 

 

 

 

 

 

軍隊式性欲管理 1話ストーリー

 

 

これというのは、ある国の部隊で、兵士達の性欲をコントロールする異色の部門があった、といったストーリーであります。

 

 

 

この部門の名称というのは「性欲管理部」

 

 

 

兵士達がミッションに従事している間、性欲が高ぶり事件を引き起こしてしまったり、性病がまん延したりすることを阻止することが目的です。

 

 

 

ヒロインは、性欲管理部のダリア・ミラー大尉(女)であります。

 

 

 

ショートヘアのもの憂げな表情に、男性を誘っている様なセクシーさが見られます。

 

 

 

カラダは、でっかいおっぱいだけに限らず、むちむちとして、男性達の性欲をそそりるのです。

 

 

 

このカラダをめいっぱい活用して、男兵士の性欲をコントロールすることが彼女のミッションだと思われます。

 

 

 

この度も新しいミッションをおおせつかり、戦地に出かけることになったのです。

 

 

 

ダリアは記録を読んで、性欲をコントロールするべき兵士達の性癖を視野に入れます。

 

 

 

そうして、その場所へ到達すると、直ちに上等兵を相手にすることになったのです。

 

 

 

射精する日はあらかじめ兵士達に告知されています。

 

 

 

当日は、管理室で行為にわたることになります。

 

 

 

管理室においては、当の兵士と、管理官だけじゃなくに、記録係と警備を兼ねて補佐官が同伴するのです。

 

 

 

いざ、呼ばれてやって来た上等兵は、女性に餓えていたようです。

 

 

 

眼をぎらつかせつつ、ダリアの後ろの方から抱き付き、巨乳を、

 

 

 

――むにゅり、むにゅり

 

と、揉みしだいたのです。

 

 

 

ひさしぶりの女性です。

 

 

 

上等兵のチ〇ポはもはや勃起して、パンツの前を押し上げて、ダリアのお尻の下を、つんつん、と突きあげます。

 

 

 

ふふ、と笑ったダリアは、

 

「ここへいらっしゃい」

 

とベッドへ誘導します。

 

 

 

衣服をはだけると、あり得ないくらいの巨乳が姿を現したのです。

 

 

 

上等兵に、ちゅばちゅばと授乳プレイをやらせながら、ダリアの手は、いきりたった彼のチ〇ポをしごくことを開始します。

 

 

 

この手コキのうまい事。

 

 

 

女性に餓えていましたので、いち早く上等兵が絶頂感を迎えるのです。

 

 

 

「あ…あぅ…」

 

 

 

すぐさま、チ〇ポにオナホをあてるダリア。

 

 

 

どうしてかと言うと、性欲管理のミッションでは、実際的な性交は禁止されているためです。

 

 

 

――ドバドバ

 

 

 

上等兵の、滞りに滞ってあった精液がオナホに射出されたのです。

 

 

 

ダリアというのはオナホの精液を舐めると、兵士のチ〇ポも舐めあげ、お掃除フェラに余念がありませんでした。

 

 

 

授乳プレイ好みの上等兵が満足感を得たことは疑いの余地がありません。

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメ?