軍隊式性欲管理 2話ストーリー

軍隊式性欲管理,ネタバレ,無料,漫画,エロ,ヨールキ・パールキ

 

 

ヨールキ・パールキ新作品の無料のお試し読み

 

 

 

ヨールキ・パールキ先生の新作、「軍隊式性欲管理」をネタバレ!

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍隊式性欲管理 2話ストーリー

 

 

曹長が管理室に訪れダリアをもてあそびはじめました。

 

 

 

「どうだい、このようなプレイは?」

 

 

 

曹長はMの女の人がお好みなようだった。

 

 

 

そのことに合わせるかのごとくダリアはMっぷりを見せはじめた。

 

 

 

曹長の言葉責めにダリアは感じていらっしゃるみたいだった。

 

 

 

ダリアは乳首を攻められることがお好みで、曹長もこれを理解していたらしく、

 

 

乳首を攻めつつ言葉責めを行なってダリアをイカせようとされていた。

 

 

 

ダリアのアナルも一緒に攻めつつも。

 

 

 

アナルを攻めながら、曹長はバックにおいても攻めはじめて

 

 

 

「こういうことがたまらなく好きなのだろ〜」

 

 

 

「曹長気持ちが良い〜」

 

 

 

「どのようなかたちのち○ぽが最も好きなんだい?」

 

 

 

「あぁぁぁ、堅くておっきい方が好きなのぉ〜」

 

 

 

パンパンとあえてデカく音を立てつつの攻め立てが継続して行くと

 

 

 

「もっともっと、もの足りないのだろ〜」

 

 

 

ドンドンと早くなる曹長。

 

 

 

「気持ちがいい〜、お○んこもアナルも〜」

 

「もっともっと絶頂を味あわせてやるよ〜」

 

 

 

 

 

曹長は更に過激に突きまくりはじめました。

 

 

 

「きゃ〜、凄い〜、こんな感じ生まれて初めて〜」

 

 

 

「そうだろ〜、気持ちが良いだろ〜」

 

 

 

ダリアは記憶が飛びそうとなるぐらい喘ぎ続けたのです。

 

 

 

ダリアのあそこは自身ではコントロール出来なくなったといわんばっかりにくちゃくちゃと言わせはじめました。

 

 

 

「曹長もうダメです」

 

 

 

「まだ早い」

 

 

 

「あぁぁぁ、駄目ェ〜」

 

 

 

「さあ、私ももう」

 

 

 

最後の気力を振り絞り、ダリアのけつを楽しむと、

 

 

 

ものを引き抜き、ダリアの背中めがけていっぱい発射したのです。

 

 

 

ダリアにおいても二期潮をいっぱい吹いてしまったのです。

 

 

 

その後にダリアは新兵とも行為に及びました。

 

 

 

新兵はかなり恥ずかしがり屋であったらしく

 

 

 

シーツに潜り込みつつ、二人でカラダを重ねつつ、愛を確かめ合っておりました。

 

 

 

「新人さんというのはこのぐらいで満足してしまうのかしら、曹長への道というのはまだまだ早すぎるわねぇ〜」

 

 

 

ダリアは楽しんでいるみたいでした。

 

 

ダリアはこういう風にして、いろいろな男との行為をエンジョイしているみたいでした。

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身中にダメよ!