軍隊式性欲管理 3話ストーリー

軍隊式性欲管理,ネタバレ,無料,漫画,エロ,ヨールキ・パールキ

 

 

ヨールキ・パールキ新作品の無料のお試し読み

 

 

 

ヨールキ・パールキ先生の新作、「軍隊式性欲管理」をネタバレ!

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメ?

 

 

 

 

 

 

軍隊式性欲管理 3話ストーリー

 

 

その次は軍曹が出てきました。

 

 

 

軍曹はSの女の人がお好みだというデータがあることを理解していたダリアは

 

 

 

Sの女を演技しはじめました。

 

 

 

ダイアがソファーに座らされてエロいポーズをおこなう様に申し入れされれば

 

 

 

大股を開いた状態にしだし、悩殺ポーズをやって見せたのです。

 

 

 

したところ、軍曹はダリアのアナルに指を挿入しはじめて

 

 

お○んこをしゃぶりはじめました。

 

 

 

「これでどうだいダリア、このようにされる方が好きだったのだろ〜」

 

 

 

「軍曹、気持ちがいい〜」

 

 

 

ぴちゃぴちゃとエロい音を立てはじめるダリア。

 

 

 

「まだ早いぞ、ダリア、このくらいでは…」

 

 

 

「あっ、軍曹、ガマン出来ない〜」

 

 

 

「ダリア、鍛え方が不足しているぞ〜」

 

 

 

トレーニングでもやっているかという様な言い回しでダリアを攻め立てたのです。

 

 

 

「軍曹、行っちゃうぅぅぅ〜」

 

 

 

軍曹も一人Hをやり始めました。

 

 

 

「軍曹、ち○ぽほしいぃ〜」

 

 

 

「駄目だ!」

 

 

 

軍曹は一人Hしつつ気持ち良さに浸っておりました。

 

 

 

ダリアが潮を吹き出しても軍曹は止めずに攻め続けたのです。

 

 

 

そうすると、軍曹も一人Hで発射してしまったのです。

 

 

 

「軍曹だけずるいですよ〜」

 

 

 

したところ、軍曹のち○ぽを自身のあそこに持って来て

 

 

 

こすり付けつつもダリアは一人Hをやり始めました。

 

 

もう片方の手では自身の胸をもみながらの一人Hであります。

 

 

 

「はぁ、軍曹のち○ぽ凄い」

 

 

 

妄想にふけりではあるけど行為を継続したのです。

 

 

 

「あぁぁぁ、軍曹、駄目ェ〜、行っちゃうぅぅぅ〜」

 

 

 

本番行為をやっているわけじゃないけれど、はたから見ていますと本番行為みたいな凄さで

 

 

 

ダリアは絶頂にウットリしているかの様だったのです。

 

 

 

「ダリアのお○んこ、おかしくなっちゃうぅぅ〜」

 

 

 

絶叫しながら喘ぎ続けたのです。

 

 

 

くちゃくちゃと、エロい音を立てつつ、最高潮まですぐさま行き着いたみたいでした。

 

 

 

白濁した潮をいっぱい曲線を描きつつも吹き出してしまったのです。

 

 

 

「あ〜、気持ちが良かったぁ〜、軍曹の、もの凄く最高でした〜」

 

 

 

一人Hしかして無いというにもかかわらず、亢奮状態が凄く

 

 

 

ダリアも、絶頂にウットリしているかみたいでした。

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメよ!