軍隊式性欲管理 4話ストーリー

軍隊式性欲管理,ネタバレ,無料,漫画,エロ,ヨールキ・パールキ

 

 

ヨールキ・パールキ新作品の無料のお試し読み

 

 

 

ヨールキ・パールキ先生の新作、「軍隊式性欲管理」をネタバレ!

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はこちらです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメ?

 

 

 

 

 

 

 

軍隊式性欲管理 4話ストーリー

 

 

 

 

ミッション地に足を運んできた軍隊の上層部達3人とお食事を共にしておりました。

 

 

 

いつもなら、その方個人の趣味嗜好に沿ったプレイをやっていたダリアでございますが、

 

 

 

今日はこのようにはい来ませんでした。

 

 

 

お食事中、どうにもおかしいと考えつつも何食わぬ表情でお食事していましたダリアでありましたが、

 

 

 

なんと上官達はダリアの食事にエッチな媚薬を入れ込んでいたというのをあとから知ったのです。

 

 

 

お食事をしていくうちよりこれまで感じたことが無い様な感じになってしまったのです。

 

 

 

あっという間にダリアのカラダは火照りはじめ、あそこも過敏となっていました。

 

 

 

「何これ、自分のカラダじゃないよう・・・」

 

 

 

このように思った矢先、上官達が準備OKとばっかりに準備を始めたのです。

 

 

 

「ダリア、お食事をしつつエッチな事イメージしていたのだろ〜」

 

 

 

常日頃であれば、そこそこ主導権を握り、演技する事ができていたダリアにおいても

 

 

 

この時ばっかりは媚薬の作用もあって、自身の意志で頑張ることができなくなりつつあったのです。

 

 

 

ダリアは口と顔とあそこの3カ所におのおの上官のち○ぽを割りあてられて行為がスタートしたのです。

 

 

 

「ねぇ、ちょっとぉ、何これ、聞いて無いんだけどぉ〜」

 

 

 

フェラしながら、あそこにもずぶりと挿入なされて攻め立てがスタートしたのです。

 

 

 

「あぁぁぁ、駄目ェ、ゴメンナサイ、勘弁して〜」

 

 

 

そのようなことHあどこ吹く風で上官達の攻め立ては継続しました。

 

 

 

まったくサンドバックにでもされたかのごとく、上官達というのは

 

 

 

常日頃のプレッシャーや欲求不満をまとめて爆発させているのかというわけでした。

 

 

 

ダリアにおいてもいつもとは違ってうるうるした目となって

 

 

上官達の攻め立てを受け入れているみたいでしたのです。

 

 

 

「ダリア、凄く良いよ〜」

 

 

 

「またしても行っちゃうぅぅぅ〜」

 

 

 

ハメ潮を吹いたとしても、上官達はスタミナに頼ってダリアを攻め続けたのです。

 

 

 

ここまで来てからクリトリスと乳首攻めもたくさんあって、その所ばっかりが過敏となってしまうことが

 

 

 

ダリアのお悩みとなってしまったのです。

 

 

 

媚薬攻めというのはおこなったことがありませんでしたから、いくらなんでも経験豊富のダリアにおいても

 

 

 

悶絶しないではいられなかった。

 

 

 

 

 

「もう、ごめんなさい〜、限界〜」

 

ダリアの声がこだましたのです。

 

 

 

 

 

 

 

「無料のお試し読み」はコチラです

 

↓ ↓ ↓

⇒無料試し読みはコチラ

 

ガマンは、身体にダメですよ!